読書感想文を書きやすい本を選ぶ方法

こんにちは、桜井です。

授業で繰り返し、「学校の夏休みの宿題は早めにやれ!」と叫んでいます。中でも、読書感想文で困っている生徒が多いようです。今日は、読書感想文をカンタンに終わらせるための、1つのアイデアを教えます。

「映像化」されている作品を選べ!

課題図書として、学校からまるまる指定を受けてしまっている生徒は除きます。

読んだことのない作品を一から読むのはなかなか大変です。一方で、映画などの映像作品になっているものを見るのはある程度楽。ということで、映像化されている作品を選ぶというのがひとつの手段です。

もちろん、映画と本で、多少の詳細は違うことがほとんどです。しかし大筋のストーリーが変わるわけではないので、あとで本を読むときにすんなりと理解することができます。なにより、映像で頭に残っていれば、風景描写や登場人物の心情がわかりやすく、書ける文章も長くなることでしょう。

という話をある生徒にしたら、その生徒は、「おおかみこどもの雨と雪」を選んでいました。すでに見たことがあるそうなので、書籍の方を買って感想文にトライしてみるそうです。

お試しあれ!

powered by

横浜にある個別指導塾ティーシャルが運営しています。

もっと詳しく お問い合わせ

☎045-620-0679

facebook

twitter

お問い合わせ 無料体験