やむをえない事情があって休塾が必要となった場合、可能です。

この記事を書いた人

坂本 諒

ティーシャル代表。数学、物理、化学などを担当。

記事一覧 プロフィール