「補語」を理解する

「補語」とは

このページでは、SVOCのC、補語について説明します。

補語とは、述語の中で、「どんなだ」と「何だ」にあたるものです。

日本語の述語は、3つにパターン分けできます。

  1. Xはどうする(どうした)。  例:ゴジラが、東京にやってきた。
  2. Xはどんなだ。       例:この本は、面白い。
  3. Xは何だ。         例:田中さんは、工場長だ。

上にあげた例の中で、2.と3. に補語が使われています。(1.は動詞といいます)

  • この本は、面白い。
  • 田中さんは、工場長だ。

「どんなだ」と「何だ」を言い換えると、それぞれ、
何らかの「状態」か「名称」を表している言葉だと、言うことができます。

「状態」を表す言葉を、「形容詞」といい、
「名称」を表す言葉を、「名詞」といいます。
(◯◯詞というのは、言葉をグループ分けしたときのグループ名です。)

補語を含む英文

補語とは、名称あるいは状態を表す言葉である。では、英語で書いたバージョンを、見ておきましょう。

  • This book is interesting. (形容詞)
  • Mr. Tanaka is a factory manager. (名詞)

日本語には、形容詞によく似たものに形容動詞というものがありますが、英語ではこの二つは区別しません。
「状態」表す言葉=形容詞、と、英語では考えてください。

補語のまとめ

まとめます。

1. 述語のうち、「どんなだ」「何だ」にあたるものを、補語という。
2. 「どんなだ」=形容詞、「何だ」=名詞。
3. 形容詞=状態を表す。名詞=名称・名前を表す。

補語、目的語、修飾語は、文法を理解するうえでつまづきやすいところです。しっかり理解して、英語を構造的に読む力をつけていきましょう。

片岡 正義

この記事を書いた人

片岡 正義

主に国語・英語を担当。言語を理解する上での「からだ」と「あたま」の双方から楽しみを感じられるような授業をしたいと思っている。

お問い合わせ 無料体験