学習プランの設計

なぜ学習プランをつくるのか

具体的な学習プランで、
「何をしたらいいかわからない」をなくす。

効果的かつ現実的な学習プランをつくる

何を・いつ・どこで・どれくらいの時間で勉強するのかをシミュレートします。 生徒の生活リズムや学習以外の時間の使い方も含めて総合的に考えることが重要。 そうすることで初めて、効果的かつ現実的な学習プランに落とし込むことが可能になります。  

思った通りにいかないのも勉強のうち

学習プランは思った通りには進行しないのが当たり前。思った通りに進まない時もそれも勉強と捉え、前向きに考えてプランを修正していくことが大事です。 また、学習プランの修正そのものだけでなく生徒の精神的な面をケアすることも重要なことだと考えています。  

どうやって学習プランをつくるのか

学習プランの回し方

学習プランを立てる

  1. 目標と教材を確認する
  2. やるべきことを視覚化する
  3. いつ・どこで・何を・どの順番でやるのかを決める
  4. 学習プランが現実的かどうか確認する

学習プランの修正

  1. 必要に応じて学習履歴が残るようにする
  2. 定期的にレビューするタイミングをつくる
  3. 学習プランを練り直す

目的は学習が順調に進むこと

学習プランは完璧ではあり得ません。また、学習プランをを作ることは目的ではありません。 結果として学習が順調に進むことが重要ですから、学習プランを作ることはそのための手段にすぎません。 学習プランの詳細ににこだわりすぎたり、プラン通りに進まないことを過度に気にする必要はありません。  

独自の学習指導メニュー

学習状況のヒアリングからはじめ、目標設定、学習計画の作成・実行までトータルでサポートいたします。

お問い合わせ 無料体験