子育ての悩みを解決するために一番大切こと

子育て

こんにちは、Tcial代表の桜井です。
 
Tcialでは私が講師となって、子育て心理学セミナーを開催しています。それ以外でも、子育てについて親御さんから悩みをいただくことが多いです。
 
色んな悩みを聞いていくと、だいたい親御さんの抱える子育てのお悩みって、同じなんですね。つまり、「子供の考えていることが分からない」ということです。
 
これまでずっと育ててこられたお子さんであるわけですから、ある種信頼関係などができていて当然とも言えます。そのため、親御さんからしてみれば「もっと自分の言うことを理解して欲しい」という気持ちが出てくるのではないかと思います。
 
ですが、難しいのはお子さんもまた「1人の人間」であるということです。
 

「分かってくれて当然」の関係ではない

親御さんご自身の学校での友だちや、職場での同僚、上司、部下の皆さん。またはご近所付き合いでのお知り合いの方々。そういった方々とあなた自身が「他人」であるように、親と子どもという関係もまた、遺伝情報が似通っているだけで「他人」なのです。曰く、子どもがはじめて出会う「他人」は母親である、ということです。
 
ですから、「分かってくれて当然」「言うことを聞いて当然」の関係ではないということが分かります。たとえ親子関係といえども、「信頼」を貯めていかなければいうことを聞いてもらうことはできません。(7つの習慣に「信頼貯金」という考え方がありますね)
 
それで、信頼を貯金していくために最も良い方法は何か?それは話を「する」ことではなく「聴いてあげること」になります。一般の親御さんは子どもに「言う」一方で、「聴いて」あげることが少ないのではないかと私は心配しています。
 
先日、とある高校1年生が授業中にこうこぼしていました。
 
「うちのお母さんは、何かを言うことが教育だと思っているから…」
 
なかなか自分の話を聞いてもらえず、親の言うことばかりを聞かされていると、子どもは思うものです。
 

一番大切なのは、「あなた(親)がお子さんに対して興味を持つこと」

「じゃあ聴いてあげることが大事なのね!」と言って、世の中にはカウンセリング技術に関する本がたくさんあることに気づくでしょう。相手から信頼を得るために、どう聴けば良いのか。例えばバックトラッキング(オウム返し)や、ミラーリング(姿勢を真似る)ことなどが言われています。
 
確かにこういった取り組みは大切です。私も、親御さんに対してこういった技術の手ほどきをすることがあります。
 
しかし一番大切なのは、「あなた(親)がお子さんに対して興味を持つこと」ではないでしょうか?心から興味があって聞いているのなら、別にカウンセリング技術はどうであってもお子さんにはその想いが伝わります。時間がないからといって小手先のテクニックに逃げてしまうと、本質を見逃すことになります。
 
Tcialではこういったことについても親御さんとご一緒に考えていきたいと思い、冒頭に述べたような子育て心理学セミナーをやっています。

powered by

横浜にある個別指導塾ティーシャルが運営しています。

もっと詳しく お問い合わせ

☎045-620-0679

facebook

twitter

お問い合わせ 無料体験