勉強する意味を考える

子供の頃、なぜ勉強しなければいけないのか、大人に聞いた経験のある人は多いと思う。しかし、大人がその問いに明確な答えを示すことは少ない。本記事では、勉強する意味について考えてみたい。

勉強は可能性を広げてくれる

勉強することによって将来の選択肢は広がる。そもそも医者や弁護士といった専門的な職業には、勉強しなければ就くことはできないし、そもそもそのような職業を意識することもないかもしれない。そういった意味で、勉強は将来とれる選択肢を増やしてくれるといえる。

必ずしも勉強しなければいけないというわけではない

例えばスポーツ選手や芸能人など将来の夢がはっきりと決まっているのなら、その分野のスキルを磨くことが大切で、必ずしも勉強しなければいけないというわけではない。ただ、全員に将来の夢があるわけでもないし、将来の夢を叶えられる人は多くない。そんな人こそ勉強を頑張る意味は大きいだろう。

実際のところ…

実際のところ、勉強する意味があるというよりは、しないことによるデメリットが大きいというものもある。社会にでて就職するとなれば、会社は最終学歴を重視することが多いし、平均年収にも勉強したかしないか、つまり学歴による差ははっきりと表れている。実際には、何か目的があって学習する人より、こういった理由から勉強する人が多いかもしれない。

後悔しない選択をしよう

ここまで述べたように、勉強はあなたを豊かにしてくれるし、将来の道を広げてくれるが、時に苦しいものでもある。結局、勉強するかしないかを決めるのはあなた自身だ。将来、自分が後悔しないような選択をしよう。

この記事を書いた人

内野 葉介

お問い合わせ 無料体験