「目的語」を理解する

「目的語」の分かりにくさ

ここでは目的語について説明します。

目的語は、主語、動詞にくらべて少し説明・理解が難しいと思うのですが、その理由として、目的語の「目的」という言葉の意味が、日常使う「目的」の意味と少し違うことがあげられるのではないかと思います。

おそらく、「目的語」という言葉を字面だけみると、「何のために◯◯した(する)のか」のように、行動の理由を表す言葉、のように思えるのではないでしょうか。

しかし、実際には英文法の目的語というのは、このような「行為や行動の理由」を表すものとは違っています。まずはこのことを意識して、では、英文法の目的語(O:Object)とは何なのかを、理解していきましょう。

行為の目的地としての目的語(直接目的語)

結論を先に言うならば、英文法における「目的語」とは、動詞が表す動作や行為の向かう先を表しています。どういう意味でしょうか。具体例をあげて、考えましょう。

Bob and I watch TV every day together. ボブと私は、毎日一緒にテレビを見る。

この文では、「TV」が目的語です。目的語は行為の向かう先なのでした。この文での動詞は、watch(見る)ですね。

見る、という行為は、何かを見る形で成り立っています。少し変な言い方になりますが、見るものがなければ、見るという行為はできないわけですね。上ではTVを挙げましたが、写真とか、映画とか、何か見るためのものが、見るという行為には必要なわけです。

別の例として、「バットで打つ」や「話す」という行為を考えてみてください。必ず、「何かを」打つ、「何かを」話すというように、打つための何か、話すための何か(あるいは誰か)が必要だ、ということがイメージできるのではないでしょうか。

この「何か」あるいは「誰か」のことを、目的語といいます。打つ。何を?ボールを。話す。何を?英語を。のように、行為には、行き先、目的地が必要な場合があります。このような意味で、目的語とは、動詞が表す動作の向かう先だ、と言うことができるのです。

I hit the ball with a bat. (私はバットでボールを打った)
Bob speaks a little bit of Chinese. (ボブは少しの中国語を話す→中国が少し喋れる)

目的語が2つある場合

また、目的地=目的語が2つある行為、動詞もあります。「教える」「あげる」「送る」「見せる」などがそうで、「何を」の他に「誰に」が目的地となります。

a. We teach Tom Japanese. 私たちはトムに日本語を教えている。

この場合、「トム」と「日本語」が両方ともに目的語であり、片方を直接目的語、もう片方を間接目的語と呼んで、区別することもあります。

動詞との間に、forやtoなどの前置詞を入れることができるものを、間接目的語といいます。この場合は、Tomがそうで、前置詞を入れた場合は、次のように書きます。

b. We teach Japanese to Tom.

意味はそれほど大きく変わりませんが、a. の方が、トムが日本語をしっかり理解している、というニュアンスが高いようです。

一般に、間接目的語は「〜に」と訳し、行為の相手を表します。

さて、間接目的語に対し、もう一方の直接目的語(上の文では「日本語」)について、最後に説明します。

こちらは間に前置詞を挟むことはできず、「〜を」という訳になります。間に前置詞を挟むことができない=より深く、直接に動詞と結びついている、という意味で、直接目的語というのだ、と考えるといいでしょう。

目的語のまとめ

以上、ここでは目的語について説明しました。最後にまとめると、

1. 行為の向かう先をあらわし、行為を成立させるもの、という性格を持っている。
2. 目的語には2種類あり、一つは直接目的語、もう一つは間接目的語。
3. 直接目的語(「〜を」)は間に前置詞をおかず、
4. 間接目的語(「〜に」)は間に前置詞を置くことができる。

ということを説明しました。目的語という概念は日本語にはなく、英語らしい考え方と言えます。しっかり理解し、英語学習の基盤としたいところです。

片岡 正義

この記事を書いた人

片岡 正義

主に国語・英語を担当。言語を理解する上での「からだ」と「あたま」の双方から楽しみを感じられるような授業をしたいと思っている。

記事一覧
お問い合わせ 無料体験