「子供が勉強に集中できないのはなぜ?」と、お子様を持つ親御さんなら一度はこのような悩みを抱えた経験があるのではないでしょうか。また、どうすればお子様の集中力をアップさせることができるのかと疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで今回は、お子様が勉強に集中できない理由と、お子様の集中力をキープさせる方法をご紹介します。

子供が勉強に集中できない理由とは?

スマホに夢中で勉強しない男子中学生

お子様が勉強に集中できない理由については、次のようなことが原因としてあげられます。

1.集中できる環境が整っていない

お子様が勉強に集中できない理由の一つとして、集中できる環境が自宅に整っていないことがあげられます。例えば、お子様用の自室や勉強机がなく、勉強に専念できる環境が整っていない場合、リビングなど他に人がいる空間で勉強することになるでしょう。

その場合、周囲の人の声やTVや家事の雑音など、他のことに気を取られてしまい集中力が散漫になってしまいます。

2.睡眠がしっかり取れていない

睡眠時間がしっかり取れていない場合、お子様の集中力の低下につながります。寝不足だと脳も疲れている状態のため、集中力だけではなく記憶力や注意力も下がってしまい、本来のお子様の能力が発揮されません。

また、連日寝不足の状態が続くと、体調にも影響を及ぼしてくるため、特に受験生は体調管理を行いながら勉強に取り組むことも大切です。

3.携帯やゲームが気になるから

勉強している際に、手の届く範囲に携帯やゲームなどが置かれていると、そちらに気を取られてしまい勉強に集中できなくなる場合があります。着信音が鳴るたびに、携帯を触ってしまいなかなか勉強が進まないというお子様もいるでしょう。

また、少し休憩するつもりで携帯やゲームを触り始めたつもりでも、ついついそちらに長時間気を取られてしまい、勉強への集中力が完全に断たれてしまいます。

子供が集中力をキープするにはどうしたら良い?

選択肢が多くて困っている女子高生

お子様が勉強に集中できない原因をご紹介しましたが、ではお子様の集中力をキープするためにはどうしたらいいでしょうか?

ここではお子様の集中力を高める方法を4つ紹介します。

1.勉強に集中できる環境や場所を整える

まず何よりも大切なのが、お子様が勉強に集中できる環境や場所を整えてあげることです。お子様の自室などに、専用の勉強机・筆記用具・教科書などを設置し、いつでもすぐに勉強を始められる環境を作りましょう。

また周りに他の人がいるとそちらに意識がいってしまい、意識が散漫になるので、1人で静かに勉強できる環境がベストです。その他にも、勉強する環境の周辺にはTV・ゲーム・漫画など勉強以外の余計なものは置かないようにすることで、お子様が勉強だけに集中できる環境を作れます。

2.集中力が続く時間に合わせて勉強させる

人間が集中できる時間には限界というものがあります。また、年齢によっても集中できる長さは違い、年齢が幼いほど集中力は短いと考えられています。お子様の集中力に合っていない時間の長さで勉強してしまうと、途中で意識が散漫になる原因となります。

そのため、まずはお子様の集中力の限界がどれくらいなのかを把握しておく必要があります。勉強時間を集中力の限界に合わせて決めることで、効率的に勉強を進めさせることができるでしょう。

3.飲み物や音楽でリラックスする時間を作る

お子様の集中力が切れる時間に合わせて、合間に休憩する時間を作ってあげましょう。例えば、温かい飲み物やお菓子を食べたり、音楽を聞いたりと、気持ちや身体をリラックスさせることも大切です。

しかし、リラックスし過ぎてしまうと眠くなってしまったり、ついつい長時間休憩してしまったりする場合があるので、5分〜10分ほどでタイマーをセットするなど、休憩時間をしっかり決めておくことも大切です。

また、休憩する際の過ごし方にも注意が必要です。休憩時にゲームや漫画などを触ってしまうと勉強以外の情報が入ってしまい、勉強に戻れなくなってしまいます。

4.発声や手の動きがある科目を合間に挟む

適度に休憩をとりつつ、お子様の集中力が続く時間に合わせて勉強が行われていたとしても、一日何時間も座って勉強していればだんだんと集中できる時間が短くなってしまいます。

そんなときは計算問題など、手を動かす科目を合間に挟むことで集中力の低下を防ぐことができます。また、英語の単語を覚える際には声に出して勉強するなど、発声を挟むことでも集中力低下の抑止につながるでしょう。

まとめ

勉強している生徒と見守る先生

お子様の勉強の集中力に関してご紹介しました。お子様がなかなか勉強に集中してくれないと悩んでいる親御さんは、まずはお子様が勉強に集中できていない原因を突き止めてあげましょう。

その原因がわかれば、それを取り除いたり改善してあげたりすることで、お子様の集中力がグッとアップします。親御さんがお子様の勉強の環境作りに協力してあげることは、お子様の集中力を高めることにつながるのです。

この記事を書いた人

教室から

記事一覧