英語のライティング上達方法

こんにちは、片岡です。

今回は、自分の来し方を振り返って、「どうしたら英語で文章が書けるようになるか?」を考えてみたいと思います。

試しにお手本の英文

Dear reader,

Hi, it’s me. Today I’m going to talk about how to write a passage in English. To be honest, or maybe as you know, my English is not perfect — in fact, far from it.

But so far in this article, again as you see, I have been sucsessfully — well, it depends on how you define one — wrtiting in English. There will be mistakes if someone with knowledge, or a native user of English happens to see this. I am feeling right now scared to be criticized to have no right to teach English. But somehow I continue.

What you need to write is courage. But how can we get one?

My answer is to read (but it’s not the only one!). Reading is a very powerful way to get encouraged. By reading, you can be a different person. Reading beautiful texts is like listening to a beautiful song. You remember the melody, and sing it by yourself. Without a textbook, you can be a performer.

So I’m goint to tell you how to be a performer. It’s hard to do, but there will be a way.

解説

試しに自分で書ける英文を書いてみました。なんかちょっと教科書的で臭いことを言っていますが(あとあまりまとまりもないですが)、こんな感じの英文が書ける人が書いてますよーということです。ネイティブチェックはお願いしていません。なんとなく、「文になってる感じ」を感じてもらえたら幸いです。

(講師として恥ずかしいですが、間違いあったら教えてくださいね…)

しかし大切なこととしては、間違いがあっても文章は書けるということです。

よく言いますね、間違いを恐れない。失敗を恐れない。

失敗を恐れないとは勇気があるということです。どうやったら勇気がもらえるのでしょう?

身も蓋もない答えになるかもしれませんが、私の答えとしては「読むこと」です。(この辺、上の文章に書いたことなの、わかってもらえますかね)

でも、英語で文章を書くにせよ、日本語で書くにせよ、「見本」を知っておくのは大事なことじゃないでしょうか?

(って書きながら、まあそれだけじゃないよねって気はしてます。だって、英語の文は読んだことないけど、日本語の文はいっぱい読んでるけど書けないよ!っていう声、ありそうですよね)

もちろん、だから、読むだけではダメかもしれません。でも十分条件じゃなくても、必要条件ではある—そんな感じがしませんか?

いまめっちゃ書きながらどきどきしてます。批判されたらどうしよう。それ以前に、無視されたら、などなど。

それでも書くことができているのは、なぜなんでしょうね。

そんな問いかけもしつつ。

・英語の素敵な文章を紹介しつつ、
・自分でも英語を書くことでお手本を(グレードは下がるかもしれないが)示す…(あと自分の練習になる)

そんな連載にできたらいいかなと思っています。不定期更新。

できるかどうかわからないですが、ブログの気楽さで!

それでは、また次回…。

この記事を書いた人

片岡 正義

主に国語・英語を担当。言語を理解する上での「からだ」と「あたま」の双方から楽しみを感じられるような授業をしたいと思っている。

お問い合わせ 無料体験