塾の費用ってどれくらい?平均や相場は?【学年・塾の種類別まとめ】

  • 塾通いにかかる費用って普通どれくらい?
  • 塾に通おうか検討しているけど料金が心配。

こんな疑問を持っている学生や保護者の方へ。

この記事では小学生・中学生・高校生が塾に通うとどれくらい費用がかかるのかまとめました。

まずはじめにようやくだけ知りたい方用に小・中・高校生の塾の平均費用一覧をお見せします。

小学生・中学生・高校生の学習塾費用の平均
小学生 中学生 高校生
公立 ¥151,000 ¥294,000 ¥302,000
私立 ¥320,000 ¥262,000 ¥394,000

塾にかかる費用の年額は小学生は公立で約15万円、私立は約30万円、中学生は公立私立共に約30万円、高校生は公立は約30万円、私立は約40万円となっています。

ここからはもっと細かく見ていきます。

学年ごとの平均的な費用

文部科学省が2年ごとに実施している平成28年度子供の学習費調査(文部科学省) を見ると子供を幼稚園、小学校、中学校、高校へ通わせている保護者の1年間にかかる学習塾費(家庭教師等は入りません。)がわかります。

小学生の費用

まずは小学生の学習塾費用の平均(年額)をみてみましょう。

全体の平均

小学生の学習塾費用の平均(年額)
1年生 2年生 3年生
公立小 ¥25,392 ¥27,448 ¥32,626
私立小 ¥110,390 ¥101,022 ¥136,661
4年生 5年生 6年生
公立小 ¥62,453 ¥98,413 ¥94,813
私立小 ¥229,963 ¥323,654 ¥431,565

公立小学校、私立小学校ともに学年とともに上がる傾向にあります。また、3年生から4年生の変化が公立では約3万円から約6万円と、私立では約13万円から約23万円と2倍近くと大きくなっています。4年生から中学受験のために塾に通い始める人が多くなるということがわかります。

公立と私立を比べるとどの学年でも私立が公立の4倍ほどと高くなっています。例えば6年生では公立が約10万円なのに対し私立は約43万円になっています。私立の小学校は学習内容が公立より高度なことに加え、教育熱心で中学受験にも力を入れる家庭が多いためだと思われます。(私立小は外部進学が前提の学校も多いです。)

塾に通っている人の平均

小学生の学習塾費用の平均(年額・塾に通っている人のみ)
1~6年生
公立小 ¥151,000
私立小 ¥320,000

塾に通っている人の平均値は全体の平均と同じく私立の方が高くなっていますが、公立が約15万円なのに対し私立は約32万円とその差は全体の4倍から2倍と小さくなっています。

中学生の費用

次に中学生の学習塾費用(年額)をみていきます。

中学生の学習塾費用の平均(年額)

全体の平均

1年生 2年生 3年生
公立中 ¥117,795 ¥162,548 ¥322,386
私立中 ¥120,384 ¥140,492 ¥170,346

公立中学校、私立中学校ともに1年生の約12万円から学年とともに上がる傾向にありますが、中学1,2年生では公立と私立で大きな差はありません。

公立中学校の3年生は2年生と比べて約16万円から約32万円と2倍近くになっているのは高校受験の影響です。高校受験では5教科(英数国理社)の対策をするため、塾に通う回数を増やしたり、夏期講習や冬期講習や合宿などに参加する人が増えます。

塾に通っている人の平均

中学生の学習塾費用の平均(年額・塾に通っている人のみ)
1~3年生
公立中 ¥294,000
私立中 ¥262,000

塾に通っている人の平均は公立が私立と比べやや高いものの、公立が約29万円に対して私立は約26万円大きな違いはありませんでした。

中学生の塾費用についのもっと詳しい記事はこちら
中学生の塾の費用【公立と私立で比較/13の塾を比較】

高校生の費用

次に高校生の学習塾費用(年額)をみていきます。

全体の平均

高校生の学習塾費用の平均(年額)
1年生 2年生 3年生
公立高 ¥79,887 ¥112,975 ¥127,908
私立高 ¥119,421 ¥177,665 ¥219,791

公立高校、私立高校ともに学年とともに費用が上がるのは小中学校と同じ傾向です。高校1年生は公立で約8万円、私立で約12万円と低い水準になっており、高校受験後に通塾をやめる人が多いことがわかります。私立と公立を比べるとどの学年でも私立が公立の1.5倍ほどと高くなっています。

塾に通っている人の平均

高校生の学習塾費用の平均(年額・塾に通っている人のみ)
1~3年生
公立高 ¥302,000
私立高 ¥394,000

公立が約30万円なのに対し私立は約39万円と高くなっています。

種類別に費用を比較

次に塾の種類別に費用を比較します。

塾の種類や特徴についてはこちら:学習塾の種類とそれぞれの特徴は?

塾の費用の種類

いくつかに細分化されていることが多く、授業料・入会金・教材費・諸経費からなるところが多いようです。

塾によって全ての費用がかかるわけではなく例えば入会金が無料とか、諸経費はないとか、教材費も一定期間ごとにかかる場合とそうでない場合があります。

  • 授業料:毎月の費用
  • 入会金:入会時にかかる費用
  • 教材費:教材購入時に必要な費用
  • 諸経費:印刷費、通信費、管理費等で月額固定でかかる費用

集団塾、個別塾、家庭教師を比べると同時に教える人数が少ない塾ほど金額が安くなる傾向にあります。

以下に塾の種類別に目安を比較しました。

種類別に費用を比較

学習塾の費用相場(指導形式別)
集団塾 個別塾 家庭教師
入会金 ¥10,000 ~ ¥20,000 ¥10,000 ~ ¥30,000 ¥10,000 ~ ¥30,000
授業料 ¥20,000 ~ ¥30,000 ¥20,000 ~ ¥40,000 ¥20,000 ~ ¥60,000
教材費 ¥10,000 ~ ¥30,000 ¥5,000 ~ ¥30,000 ¥0 ~ ¥30,000
授業時間/回 60~90分 70~90分 60~120分
クラス人数 10~30人 1~3人 1人

集団塾は個別指導塾や家庭教師と比べて費用が安くなります。これは集団塾は先生1人でたくさんの生徒を教えることができますが、個別指導塾や家庭教師では1人の先生は1~3人ほどしか教えることができないためです。

以上の数字は平均的な数字で、実際には塾ごとに授業時間、授業システム、金額ともに大きく異なります。上記を目安にお住いの周辺の塾の費用を調べてみてください。

中学生の個別指導塾の費用比較の記事はこちら
中学生の塾の費用【公立と私立で比較/13の塾を比較】

この記事を書いた人

坂本 諒

ティーシャル代表。数学、物理、化学などを担当。

お問い合わせ 無料体験